最新情報のお知らせ

志賀リウマチ整形クリニックの特徴

2017/10/03

志賀リウマチ整形クリニックは19床の入院ベッドを持つ有床診療所です。
整形外科医は常勤1人(南雲明)、リウマチ科兼麻酔科兼ペインクリニック科は1人(志賀麻記子)。
あと月に1度手の外科専門外来、ペインクリニック専門外来、リウマチ膠原病専門外来を予約制で行っております。ほとんどが外来診療です。最近は腰痛治療の患者さんが増えている印象です。
必要な場合の手術は膝人工関節がメインですが、人工股関節置換術、手根管症候群、骨折など、脊椎を除く手術を可能な範囲で行っています。全身状態が良くない場合は総合病院に紹介しています。
腰痛や骨粗鬆症によるいつのまにか骨折(圧迫骨折)など動けない患者さんの入院治療を(可能な範囲で)行っています。