最新情報のお知らせ

膝の痛み(変形性膝関節症)の診断

2017/10/05

どの年齢から痛み出したか、きっかけはあったか、ケガ(捻挫や膝の腫れ)があったたかなどの問診を行います。

診察では膝の内側の圧痛(押すと痛い)、関節の動きの範囲、腫れやO脚変形などの有無を調べ、主にX線(レントゲン)検査(立って撮影します)で診断します。

初期ではレントゲンでは異常がない場合も多く、必要によりMRI検査などをしますが、MRIでも分からない場合もあります。

最終的には関節鏡(関節の内視鏡)が決めてとなる場合すらあります。